So-net無料ブログ作成

2016年4月27日 決定的瞬間。 [カメラ]

runningfreshman.jpgpray4kyushu.jpg
Nikon D600 AF-S70-200mm


フレッシュマン走る、の図である。
4月だから、なのである。

4月だからという話題を今更書いている体たらくぶりに弁解の余地も無いことは自覚していると、予めお詫びだ。

ともあれ4月といえば、初々しく走るフレッシュマンのスナップショットであろうと、実に単純にステレオタイプに発想したのである。そしてフレッシュマン=新社会人ならば丸の内とこれも単純な三段論法で出掛けて撮った写真だ。

その昔まだPENTAX 6x7にRDPがメイン機材だった頃デパートのフレッシャーズスーツのロケを、やっぱり丸の内でしたことがある。勿論この時はモデルを使って演出しての撮影だ。人の少ない日曜日の早朝に地下鉄の出口の階段を駆け上がってくるシーンを撮影した。ちなみに狙いはヒトをブラして勢いや元気を写すこと、新人らしくね、なのだけどデジタルカメラの今と違ってフィルムを現像するまでブレ具合が解らないのである。つまりいくども何度も、リアリティも欲しいから、階段を全力で駆け上がることを高いところから涼しい顔でモデルに強いた”悪行”はあくまで有耶無耶な遠い記憶だ。

そんな「丸の内」で、今度は横断歩道を「新社会人」が「スーツ」で「勢い良く」「走る」という月並みな公式をアンリ・カルティエ=ブレッソンの「パリ・サンラザール駅裏」をはじめとする写真集「決定的瞬間」のようにスナップしようと、企んだのである。ブレッソンが「決定的瞬間」で見せたのは構図概念と瞬間の凍結という美意識だ、起こりうる日常の瞬間が美しい構図で表現されている。つまり信号が青に変わり「新社会人」が先頭切って「走って」くるだろう瞬間を横断歩道の白線を絡めて俯瞰からシンプルに撮ろうと狙った。

「新社会人」かどうかは兎も角「スーツ」のヒトが「走る」瞬間が撮れたのは1時間半後だった。想っているものが思ったようになかなか撮れないのが写真の面白さでもある。ブレッソンもサンラザール駅の工事中の水溜りを前日から下見をし早朝から粘ってあの写真を撮ったのだと聞く。何事も決定的瞬間は、つまり、そう都合よく不意におとずれたりしないのである。


アンリ・カルティエ=ブレッソン (「知の再発見」双書)アンリ・カルティエ=ブレッソン近作集―決定的瞬間・その後 (1966年)
アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成
マグナム・フォト (ポケットフォト)
MAGNUM PHOTOS 世界を変える写真家たち [DVD]
マグナム・マグナム コンパクトバージョン(完全日本語版)




トラックバック(0) 

2016年4月19日 がんばれ九州。 [日常]

pray4k.jpgpray4kyushu.jpg
Pentax K10D DA10-17mm

もう随分前のこと、大学受験が終わり高校の卒業式までの春休みに初めて九州へ向かった。北の大地に続いて当然の冒険の舞台だった。

長髪のバックパッカーに熊本では、熊本大学の職員の方が食事と学生寮での宿泊を提供してくれた。阿蘇の麓ではお菓子を奢ってくれたおばさんが、嫁さんを世話してやるから年頃になったらまたおいでと笑った。

がんばれ九州。

相変わらず非力でなにも出来ませんが、せめてエールを。

がんばれ九州。

タグ:九州 熊本 地震
トラックバック(0) 

2016年4月1日 This is Next Citroen C5 !!! [クルマ]

next-c5.jpg
Nikon D900 AF-uso800mm

new Citroen C5である。
来年発売予定の新型C5である。

現行の二代目C5は、日本では既に販売が終了しているのであるが、フランスのレンヌ及び中国の武漢の工場ではまだ生産が続き日本以外では販売されている。もっとも、2016年での終了はアナウンスされており同時にシトロエンの代名詞たるハイドロニューマティックサスペンションの終焉も告知された。

写真は三代目となる次期C5である。このモデルからCと番号の組み合わせの車名ルールも終了しXantiaやXsaraだったように固有名詞となる。シトロエンから独立したDSブランドも同様に番号の車名は廃止される。

この新しいシトロエンは、DSにラグジュアリーを移行したおかげで見た目も中身もアグレッシブである。肝心のサスペンションも以前CEOが公言したとおりシトロエンならではのエレクトリック・アクティブ・サスペンションを採用した。ハイドロニューマティック系サスペンションに比べ大幅な軽量化とケミカルなメンテナンスが不要になったのである。順次より小型の車種にも搭載が進み、サスペンションというシトロエンのブランドアイデンティティとなる。

パワープラントは1.6Lターボガソリンエンジンと3モーターのPHVである。合計で320psというハイパフォーマンスマシンででありながら、モーターのみのゼロ・エミッションモードで120km/hで300km走行可能という面も併せ持っている。

ボディスタイルは写真のシューティングブレイクと現行同様にカンパニーカー需要に即したノッチバックセダンである。

車名、発表日、発売、日本導入の可否は全く不明である、と2016年の4月1日のリポートである。

トラックバック(0) 
メッセージを送る