So-net無料ブログ作成

2016年5月27日 はな子へ。 [日常]

hanako.jpgpray4kyushu.jpg
Nikon D800 AF-S 70-200mm

昨日のニュースで訃報をしりました。
少しショックでしたが、眠るような最期だったと聞き安心しました。

ずーっと一頭きりで、話し相手も無く寂しくないかなとか、此処数年は頬のこけが大きくなったような気がして、齢をとったなーと勝手に心配してました。

今日、唯一の核攻撃実行国の大統領が被爆地広島を訪れます。当たり前だけど戦争は悲劇しか生まない。その悲劇を知ることを、人間は目を背けてしまう。

先代の花子は戦争の悲劇を教えてくれた、そして はな子 は戦後の子どもたちの希望に日本にやって来てくれた。そんな はな子 が歴史的な日を誘導するように前日まで頑張ってくれたのだと思います。

ありがとう、お疲れ様でした、はな子。きっと世界は上手くいく、安らかに眠って下さい。

トラックバック(0) 

2016年4月19日 がんばれ九州。 [日常]

pray4k.jpgpray4kyushu.jpg
Pentax K10D DA10-17mm

もう随分前のこと、大学受験が終わり高校の卒業式までの春休みに初めて九州へ向かった。北の大地に続いて当然の冒険の舞台だった。

長髪のバックパッカーに熊本では、熊本大学の職員の方が食事と学生寮での宿泊を提供してくれた。阿蘇の麓ではお菓子を奢ってくれたおばさんが、嫁さんを世話してやるから年頃になったらまたおいでと笑った。

がんばれ九州。

相変わらず非力でなにも出来ませんが、せめてエールを。

がんばれ九州。

タグ:九州 熊本 地震
トラックバック(0) 

2016年3月27日 北の大地。 [日常]

hokkaido_sr.jpg
Pentax 645n FA 45-85mm RDP

北海道である。
新幹線がついに、やっと、北海道に乗り入れたことでニュースは盛り上がっている。

仕事で幾度も行くことになる北海道に初めて向かったのは、ウン十年前の高校2年の夏休みだ。大きなザックに寝袋とユースホステルのシーツを詰め込んで所謂バックパッキングあるいはカニ族と呼ばれた正統的な夏休みの若者の一人旅である。

外国は当時の自分にとってあまりに遠く、目指せる冒険心の発露は『北の大地』たる北海道だったのである。先ず東京に出て上野駅に向かう、それは学割で買った「周遊券」が急行列車までの北海道内乗り降り自由に加えて山手線内からの急行列車の往復乗車券を兼ねていたからだ。
 
上野発の夜行列車である。早めに並んで窓際の座席は確保したとは言えほぼ 垂直な背もたれと足元の太いヒーターパイプと言う状態で8時間強の乗車時間である。ちなみに超満員の車内でトイレに行く際通路に寝ている何人かの頭を新品のキャラバンシューズで踏んだのは、決して後乗りなのに横になって熟睡する要領の良さに嫉妬したからでは無い、と思う。上野発の夜行列車降りた時、青森駅は朝もやけむる早朝だった。始発の青函連絡船を待って更に4時間程の航海ののちついに、やっと北海道である。夕刻に上野を発ってお昼に函館である。自宅から数えたら16時間だ、冒険は長い移動時間の先に待つのであった。
 
時を経てある時2月の極寒の中標津にロケをした。空港は閉鎖され結局千歳から陸路で6時間遅れで現場入りだった。-20℃を下回る気温でファインダー内の液晶がうまく表示されず露出が分かりにくく、ポラはいつまで待っても色が出ない。長い移動時間の先の北海道は、やっぱり冒険の地なのである。
 
tableware train 電車の フォーク H5系 北海道 新幹線 TF-08
地球の歩き方MOOK 北海道の歩き方2017ハンディ版(地球の歩き方ムックハンディ版)16-17 北海道キャンプ場ガイド
ROYCE'(ロイズ) 生チョコレート [オーレ]白い恋人12枚入り六花亭 マルセイバターサンド
函館五島軒カレー詰合せGo-50s

 

タグ:北海道 ロケ
トラックバック(0) 

2016年2月29日 にがつにじゅうくにち。 [日常]

229.jpg
Panasonic LUMIX FX-500


二月二十九日である。

つまり閏年である。

写真データーのタイムスタンプに4年に一度の日付を残す為に自分にカメラを向けた。

いつにも増して酷い顔だ。嫌なことがあった、ハートが弱いのである、打ちひしがれているのである。

こんなことは「うるう」な事であるように。


トラックバック(0) 

2016年2月3日 福は内。 [日常]

fuku.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

節分である。 
つまり、春に季節が移る前日の年中行事だ。
 
もっとも、そうは言えども豆を撒くのが精々なのはご容赦を願うのである。
 
季節の変わり目には邪気が生じるため、それを豆を撒いて追い払う所謂厄除け悪霊払いである。幼いころのように玄関を開けて勢い良く豆を放りながら「鬼は外~!」と唱えるところではあるが、実際はあらぬ所に散らばぬようにと些か"撒く"と言う形容には程遠いコンパクト投法であり、ご近所への体面から「鬼は外」も小声と哀しい大人の行為である。

そして厄除けに年齢の数だけ豆を食べるのであるが、此処もまた哀しい大人だけに食べる数は多い。悩ましい問題は量では無く、数だ。豆の袋に指を突っ込み一粒ずつつまんで数えながら口に運ぶのであるが、もはや完遂までにそれなりの長い時間を要す歳である。少し飽きてふと他所に気を取られカウントがあやふやになるのである。

なんとも弱気な豆撒きに精度に欠ける豆の数と、その効力に些かの不安を残すのではある。とりあえず猫の「福」は今日も元気だけれど。


ふくはうちおにもうち (えほんのマーチ10)
行事のおはなし12か月
【 猫 用 おもちゃ 】 ころころ ボール ボックス 木 製 ねこ じゃらし 器 運動 不足 ストレス 解消 【I.T outlet】 MI-CATTOYB
アイリスオーヤマ 簡単抜け毛取りクリーナー イエロー KNC-N77A
☆超癒し間違いない☆手のり癒し猫 猫好き必見ヽ(´▽`)/
明邦 ねこの ナンバーボルトキャップ クロ ME215






タグ: 節分
トラックバック(0) 

2016年1月1日 謹んで新年のご挨拶。 [日常]

16年賀状.jpg
PENTAX K20D SMC Pentax M 300mm

明けましておめでとうございます。
ということで、今年の年賀状とともに新年のご挨拶である。

何卒、今年も、今年こそ、宜しくお願いします。同時に皆様にとっても良い一年になりますように、と。


タグ:年賀状
トラックバック(0) 

2015年9月29日 ウオシュレット。 [日常]

15gc09月.jpg
Nikon D600 AF-S 50mm

ウオシュレットを交換した。
念の為書き添えると、当然トイレの、である。

つまりこの写真は本文とは何の関連も無く、理由は月に一度ほどのフェイスブックの書き込みにその月のグリーティングカードを載せ、加えて一言二言としていて、今月使用の写真がこれで、一言二言にはウオシュレットの事を書き込んだという経緯から、同じ内容を此処にもという安直な発想である。

要するに、あっヤベー9月まるまるブログ書いてない、なんか書かなきゃという強迫観念の結果だ。

さて件のウオシュレットであるが、例えば昨今指摘される発火を避けるべき扇風機の使用年数になぞらえればもはやリミットである。見た目にも便座のヒンジ部分に若干の割れがみられ、たまに本体から若干の水漏れは認められていたことも事実だ。とはいえ、その以前のウオシュレットの故障から自らの手で交換したこのウオシュレットは、当時ヨドバシカメラにあっても相当高価な買物だったこともあって、その程度のことで交換するのは惜しいという本音から使用は継続されてきた。

ところが、ある日小用をたしている時である。念の為ここも補足するが、男子であるから立射である。突如ノズルを洗う水音に続いて、我着水地点を見極める視界の中にノズルが出現し、あろうことか噴射を始めたのである。

この時ヒトはあまりにも無力だ。なにしろ手で覆おうにも我身からも排水中であり、リモコンの停止ボタンは立ち位置からは些か遠く、結果ウオシュレットのなすがままである。

それ以外の不具合も顕在化し止む無く交換を決意した。ウオシュレット以外の他メーカーを含め機種や安値の選定に時間を費やし、結局三代目のウオシュレットをジョーシンのwebショップで選定した。

ウオシュレットからウオシュレットへの交換であるが、配管の共通性は全く無い。大本の水道管からの分岐金具すら度毎に変更しなければならないのはお粗末な設計である。かわりにリモコンを壁に固定するネジ穴位置は変わらない、三代に渡り大きさも形も機能も異なるリモコンであるがネジ穴は共通だ。

新しくなったとはいえ、然程高揚感が伴わないものの本来当たり前の安心感は戻った。ただこの新しい機種は定期的に時折ノズルを伸ばし自ら洗浄する機能を持つ、偶々それに遭遇すると身構えてしまう悲しい自分に気付くのである。立派なトラウマだ、フタを開けた次の瞬間急いでノズルは戻っていくのではあるが。

男子の皆様、古くなったシャワートイレにはくれぐれもお気をつけ下さい。

【Amazon.co.jp限定】 TOTO ウォシュレット KMシリーズ 瞬間式 温水洗浄便座 パステルアイボリー TCF8AM66#SC1 東芝 温水洗浄便座 クリーンウォッシュ パステルアイボリー SCS-T160 Panasonic 温水洗浄便座 ビューティ・トワレ パステルアイボリー DL-EGX10-CP ウォシュレットノズルの汚れに ノズルフレッシャー エリエール シャワートイレットティシュー ブルー 12ロール

トラックバック(0) 

2015年8月11日 10回の裏。 [日常]

win10.jpg
NTT docomo LG L-01D

Windows 10である。
なんとも久しぶりのブログなのに、数日前という書き出しは、いつもの様にご容赦を願うのである。

数日前の夜、事実上の唯一の現役ウインドウズマシンであるところの例のタブレットの画面上に、Win10への支度が諸々整った由の表示が現れた。MacのOS10.10に続きWindowsも10である。何かと話題でも有ることから、良きにはからえとばかりに開始ボタンを押したのである。

イロイロ不自由な8インチウインドウズタブレットがOSが変わることで劇的改善を見るというシナリオを期待したことは言うまでもなく、どうせイロイロ不自由なタブレットだからアップグレードが失敗してもとお気楽であったこともまた真理なのであった。

例のタブレットは相変わらずボデーが剥がれかけたようにプカプカしているし、時々スリープから起きてこないし、ドライバを変えようが調整しようがデジタイザのカーソルは明後日にずれてるし、結局それを期待したWindowsアプリケーションはキーボードとマウスがないと使えないし、タブレットとは言えWindowsOSならばと期待した画面のキャリブレーションは用をなさずで、8インチWinタブレットなんて良く言えばコンテンツの消費装置、正直に言えば糞の役にも立たない”コンピュータ”だ。

進捗を示す数字は95%でずっと止まったままである。ウインドウズのインストールは遠い昔のWindows 3.1の頃からナーバスな作業なのが記憶だ。運を天に任せ神経を消耗させながら新しいバージョンに移行したのは決して誇張された記憶ではない。

幸いなことに翌朝Windows 10タブレットは起動した。Windows 8.1の不思議なインターフェイスは一新されたものの相変わらず人間の感性に沿うといった素直なデザインではない。良くなったのか否かは解らない、あっちの方に行っちゃてたのがこっちの方に行っちゃたと言うのが今のところの印象だ。グラフィック関係のロジックが変更されたのか表示がキレイになったのが印象的だが時折固まったままだったりする。

糞の役にも立たないコンピュータから進化したのかは不明だが、少なくともやっぱりズレまくるデジタイザーペンや思うに任せないタッチ操作のその苛立ちで暑い今年の夏を更に5℃程引き上げていることは間違いない。

トラックバック(0) 

2015年7月8日 アイ アム ・・・。 [日常]

facephoto.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

自動車運転免許証の更新をした。
まあ、2日ほど前の話である。見ると以前の免許証は7月7日に更新している、忘れないうちにという発想は同じだがそれを七夕と絡めているあたり5年前の方が気が利いていたと少し反省である。

優良区分の免許証つまりゴールド免許であるから、5年ぶりの更新通知ハガキが先月の半ば過ぎに届いた。このハガキが来なければ忘れていた、なにせ5年ぶりである、なにせ優良運転手だから免許証を目にする機会は少ないのである。とは言え通知から更新日までの運転に一段とプレッシャーを感じてしまうのは毎回だ。

順繰りに窓口を回りチャチャッと事務的に更新作業がなされていくのであるが、そのスムースな流れの中で顔写真も入力されていくのである。撮影ではなくまさに入力であるから顔を直している猶予は無いのである。少し蒸し暑く汗ばんだ額の前髪を無造作に払ったのがいけなかったのか、30分後受け取った新しい免許証には怪しいオッサンが載っているのである。そもそもが夏に更新が故に服装が既に些かチャラいのに加えてである。

新聞やニュースでは関連する顔写真を報道することが当然となっている。因みに新聞では四角いトリミングの顔写真は悪人で楕円のトリミングは良人のそれというローカルルールがあったらしい。何れにせよ例えば被害者の顔写真を公開することにその意味において疑問を禁じ得ないのであるが、雁首探しと呼ばれる顔写真集めは事件記者の必須作業なのだそう。

少なくともその顔写真でいくばくかの印象操作がなされていることは間違いない。つまり、この先5年間アヤシイ人物像の顔写真入り免許証を、日本では最も主流な身分証明として、提示しなければならないのである。優良運転手なのに。

中華人民共和国 自動車運転免許証ケース ビニール製 限定レア美品ピンズ フランスの運転免許証ピンバッチフランス

トラックバック(0) 

2015年4月17日 バイバイキンキン。 [日常]

blackumbrella.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

愛川欽也さんの訃報である。

思い出だが、ずいぶん昔、愛川欽也のラジオ番組に出演したことがある。

既出のようにニチゲーの写真学科出身である。ニチゲーは当然写真学科ばかりではない訳であり、アイドルのアノ人や女優のアノ人俳優のコノ人から小説家のアノ人、映画監督のコノ人なんかが学内にウロウロしていた。

で、放送学科や映画学科とか演劇学科なんかの先輩から、当時高価な電話債券を親に脛かじりして引いた固定電話にバイトのお誘いが掛かってくるのである。どんなルートだったか記憶は定かで無いがテレビのガヤとかラジオCMのナレーションとか少し変わったアルバイトを経験した。勿論、夜通しのデパートの店内清掃も経験済みである。

文化放送だったかニッポン放送か、或いはTBSだったか。兎も角〇〇時にそこへと言う電話の指示で出掛けたのである。通学中に見かける気になる女の子との間を愛川欽也が取り持つと言うようなコーナーの、気になる女の子に声を掛けられないシャイな学生としての出演である。つまり、よーするに最近NHKでお馴染みのヤラセだ。

打合せもなく愛川欽也の向かい側に座らされ、訳も分からないのに番組はハイテンションで進んでしまうのであった。どうやらホンモノらしい「気になる彼女」に愛川欽也が電話を掛け三者で盛り上がってデートの約束まで取り付けて出演は終了した。乗ったこともない路線の降りたこともない駅での見たこともない彼女をディレクターのカンペだけを頼りにイメージし愛川欽也の質問に応じる不思議な”アルバイト”だった。

休憩中、愛川欽也さんは注意されたんでこれにしたんだと、当時圧倒的に軽いタバコだった「JUST」を吸っていた。

ご冥福をお祈りします。

トラックバック(0) 
メッセージを送る