So-net無料ブログ作成

2017年9月18日 不惑の・・・。 [カメラ]

fyjiX-T2.jpg
Nikon KeyMission80


富士フイルムのX-T2である。
少し迷って、そして導入してほぼ半年だ。

S3proまでを仕事で使用し、S5proやマボロシのデジタルバックを試用してから随分久しぶりに、富士フイルムの新しいデジタルカメラとしてX-T2を昨年試用した。動画のフルHDでもオーバーサンプリングと100Mbpsという説得力と、フィルムシミュレーションに因るJpegの積極使用を唱える静止画画質は魅力的だった

導入の第一義的目的は動画撮影用だ。ミラーレスカメラならではのファインダーでも液晶モニターでも被写体に対峙できることは、様々な状況に対処できる利点だから。そしてカメラなのだから当然静止画の写りも期待しての導入である。とは言え、本命はより小型軽量のX-T20に惹かれていた。なにしろ、その発売当時ペンタックスで一番大きかったK20Dと奥行以外ほぼ同じくらいX-T2は”大きく”てAPS-Cサイズミラーレスカメラに期待する魅力に欠けていたからだ。

で、結局X-T2を選んだ。それは富士フイルムのアドバイスだ。曰く、動画撮影はX-T2を選ぶべきである、と。

昨年の試用で既に分かっていた通り、フィルムシミュレーションベースの動画や静止画のこってりした写りは期待通りだ。そして、昨年の試用で不満だったように操作性が、やっぱり馴染まない。
背面の操作ボタンの配置の拙さは、ファームウェアの改善で多少補えた。とは言え、上面の所謂軍艦部に押しにくいシャッターボタンと並ぶごてごてしたダイヤルによる散漫な情報や分かりにくいメニュー構成と、いざ撮ろうとするその瞬間に戸惑ってしまうのである。

写りは良いのである。確かに。しかし写すのに、カメラを構えるのに暫し惑うのである。半年使っていても。




2017年8月30日 ゴキゲンヨウ。 [カメラ]

17gc08月.jpg

Nikon Keymission80


8月の、ご機嫌伺いであります。

暑ーいですが、皆様に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか。まったく個人的都合ではありますが、御機嫌ようと毎月ハガキを出させていただいておりましたが、郵便料金の値上げ等世知辛い浮世の逆風に流されて、月々のハガキ制作と投函をあきらめweb上のみに縮小いたしました。


季節のご挨拶はハガキを用意いたしますので、変わらずお受け取り頂けますと幸いです。


という事で、今回は普段より多少大きい写真を載せたのである。この写真はニコンのKeyMission80という「カメラ」で撮影した。フォールドし難いボディデザイン。押しにくいシャッターボタン。縦長の液晶ディスプレイの半分くらいに横位置表示される、フレーミング困難な小さく暗く荒いモニター。まるでセルフタイマーかと思うほど恐ろしく大きなシャッタータイムラグ。メニューの深い深い階層に隠されて撮影時には使えない露出補正とか、まるでカメラの体をなさない酷い「カメラ」だ。


いまやRAWで撮影も出来るスマホの方がずっと良いだろと指摘したら、アプリケーションを立ち上げなければいけないスマホに対しKeyMissionはフォルダーから外すだけで瞬時に撮影可能だと、開発者に反論された。


たしかに、気持ちに直結して撮れる。なるほど、である。しかし、シャッターを切った瞬間、後悔してしまうのである。「写真」が撮れないのだ、記録するだけではないのだ、カメラは「写真」が写せなくてはいけないのだ。ニコンともあろうメーカーが何故そこに気付かなかったのだろう。



Nikon 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80 BK ブラック Nikon 防水アクションカメラ KeyMission 170 BK ブラック Nikon 防水アクションカメラ KeyMission 360 BK ブラック Nikon keymission 360 4 Kカメラアクションカメラメモリカード32 GB microSDHCメモリカードSDアダプタ付き

2017年8月12日 一目"百"景。 [カメラ]

tokyoST-out10-20.jpg
Nikon D600 AF-P 10-20mm / FXモード
tokyoST-in10-20.jpg
Nikon D600 AF-P 10-20mm / FXモード


ニコンのAF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VRである。
ニコンの言うところのDXレンズ、つまりAPS-CサイズセンサーのDSLR向けレンズだ。ちなみに、プリントされたステッカーの銘板が、安価で軽量であることを体現する、気持ちよいほどチープな外観である。

普段の撮影行為の中で、偶に、稀に24-70mmズームの広角側の画角以上の広さを選びたい時がある。それは唐突に発生する業務上の必要だったり、フォトグラファーとしての欲望だったりするのであるが、ただそれは、あくまでも稀なことだ。そこで、新発売の所謂フルサイズ換算15-30mmの画角が得られるこのレンズを購入した。なにしろ、安価で、驚くほど軽量で、小さいこの超広角ズームレンズは、財力にも、財力にも体力にもカメラバッグの容積にも負担が少ない、と大切なことは二度言って強調するほど、APS-Cサイズ専用レンズであることを差し引いても魅力に満ちていたからだ。

その規則に従順に、やはりコンパクトなD600をDXモードに切り替えて撮影すると、予想外に解像度の高い中心部の画質を維持しつつ周辺部までほぼ均質な写りだ。周辺光量の低下や像の流れも無く、当たり前に良く写るのである。F4.5-5.6という開放値の暗さが、些かフレーミングを難儀にしていることなど些細な障害に過ぎないと言い切ってしまえる高性能レンズだ。

DXモードとは、予め予定されたトリミングである事を、例えばD600の様なフルサイズ機のファインダーで認識できる。つまり、当然、規則に反してフルサイズのまま、あくまで自己責任で、撮影すればより広い画角が得られるのは道理だ。

結果、およそ13-18mm程度の焦点距離で撮影することが可能だった。もちろん、歪曲や周辺光量の修正に努力が必要であるが、それは規則破りの代償として甘受する他はない。およそ13mmの画角は、DXモードの15mm相当のそれとは比較にならないほど広く写る。超広角域の1mmの焦点距離の違いは劇的な画角の変化をもたらす。眼前に広がる全てを一度のシャッターで写し取れる、ハイコストパフォーマンスなレンズであることは間違いないと頷くのである。つまり、買ってよかったと。

ただ、本来の目的だった24mmより”少し広い”画角をフルサイズのまま得るには、レンズ後端のハレ切りのマスクを切り取ることが必要だろうと推定は出来るものの、DXモード切替の規則破りがせいぜいの小心者には、その実行に躊躇うのである。

Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR ニコンDXフォーマット専用 Nikon 超広角ズームレンズ AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED フルサイズ対応 Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED フルサイズ対応 Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応 FotoTech旅行コーヒーマグ/カップ/ Thermos Lenscup /レンズカップステンレススチール断熱タンブラー+ FotoTechベルベットバッグ(モデリング1 : 1 Canon EF 24 – 105 mm f / 4l is USMレンズカップ11オンス、ブラック) Modeling 1:1 Nikon AF-S 24-70mm f/2.8G ED Camera Lens Cup 14.5 Ounce ブラック NKN-CUP Nikon デジタル一眼レフカメラ D7500 ボディ Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディ

タグ:NIKON ニコン D600

2017年7月25日 100分の5。 [カメラ]

photoshot.jpg
Nikon D800 AF-S 70-200mm


ニコンは100歳の誕生日を今日迎えた。何はともあれお目出度いことである。
些かネガティブな経済ニュースが先行した100年目のニコンではあるけど、昨晩のパーティーもまさに盛況であったことも、記録しておこう。

そのパーティーの席上、これからのニコンということで、プロ向けの、つまり気合の入った、新型カメラを発売しますとスピーチがあった。

この『一眼レフ』と『ミラーレスカメラ』については、既に、ニコンカレッジの講師的には「出るの?」と訊かれたら「カミングスーン!」と言っちゃって構わないというくらいの”存在”だったので、このパーティでのお披露目を期待したのではあったけど、それは無かった。まぁ当然である。発表もしちゃえば一度のパーティで一石二鳥なのになどと考えた貧乏性の発想は密かに反省しておこう。

その一眼レフはD850という名称での「開発」が100年目の最初の告知として、テイザー動画とともに今日発表された。

”開発”中の新型カメラであるから勿論詳細は不明だけども、D800の5年ぶりの実質的な進化的フルモデルチェンジであることは間違いない。100年中の5年だ。5/100なのかと考えるとその時間は長いような短いようなである。そういえば、我がCitroen C5 tourerも間もなく迎えるシトロエン100周年の時には10年だ。10/100もやっぱり長いような短いような。

なにより100という時間を然程大きく感じなくなった年齢と、円が付くと相変わらず大金と感じる自分が少し淋しい。



トラックバック(0) 

2017年3月29日 お誘い、春だから。 [カメラ]

17gc03月.jpg
Apple iPhone 6s plus
 
気がつけば、ブログなのに一ヶ月ぶりという、今更とはいえ、なんとも体たらくぶりである。
 
で、既にオープンして10日ほど経過している"写真展"のお誘いという、重ね重ねの体たらくぶりの極みだ。改めて告知させていただくのであるが、グループ展にお誘いを受けて、この4枚を貼らせて頂いているのである。相変わらずヒトの企画に相乗りの写真展ではあるが、宜しかったらおいでください、と下記に情報である。
 
東京 銀座1-9-8 奥野ビル613室 ギャラリーKanon  3月20日(月)~4月8日(土)13:00~19:00 日曜休廊
 
奥野ビルは小さなギャラリーの集合ビルであり、その中央を日本最古とも言うエレベーターが結んでいるなんとも魅力的な場所である。例えば階段を見下ろすと、コートのファッションフォトに、、なんてつい思ってしまうフォトジェニックな昭和初期の建築も楽しめるのである。 
 
銀ブラのついでにチョット覗いて御覧くださいませ。
 

アベドン写真展 時代の肖像Our National ParksILFORD イルフォード ギャラリープレステージラスターペーパー A4 25枚入 422333キャンソン 写真用紙 インフィニティ バライタ・フォトグラフィック A4 10枚 00002289 【正規輸入品】ピクトリコ GKS-A4-15 GEKKO シルバー・ラベル A415枚ピクトリコ ピクトリコプロ・ソフトグロスペーパー A4判(20枚入り) PPG210-A4/20ピクトリコ A4 写真用紙(半光沢・20枚) PPS200-A4/20
 

タグ:写真展
トラックバック(0) 

2017年2月28日 寒さなど厳しき折。 [カメラ]

hat-man.jpg
Nikon D800 AF-S 50mm
 
春一番どころか春三番くらいは、すでに吹き荒れたような気もするものの相変わらず寒いのである。
 
春のカメラショーなところのCP+もすでに終わった。スマートフォンに押されて、という昨今の常套句は今年はニコンの不調の話題に修飾されていた。 写真の"撮れる"電話機と写真を"撮る"カメラが同列に比較されるのは些か理不尽な気がするのは、きっと思い入れかもしれない。
 
プロフェッショナルと冠詞が載るお仕事は、つまりフォトグラファーもだ、簡単に出来そうで実は奥が深く難しいのである。写真を撮る行為は安易だ、しかし写真を"写す"のは困難だ。そしてその困難に立ち向かうのにはスマホのカメラ機能では力不足なのである。
 
テレビのニュースで、話題の現場を視察する国会議員たちの姿が映っていた。手に手にスマホを不器用に構えているのである、恐らく「現場視察」だからなのだろう。
 
改めて言おう。写真を撮るのは、実は難しいのである。だからプロフェッショナルフォトグラファーという職業が存在するのだ。
 
豊洲の新市場の地下の柱が曲がっているという、まさに満場の哄笑を博したニュースのソースも、やはり議員の現場視察とタブレット端末のカメラ機能だ。広告にも政治的プロパガンダに用いられるよう写真の影響力は大きい、目的と手段を誤ってはいけない。少なくとも「議員」が「現場視察」でスマホで写真を撮るのは思い違いだ。
 
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 18-55 VRII レンズキット ブラック 2416万画素 3.2型液晶 タッチパネル D5500LK18-55BK PENTAX デジタル一眼レフ K-70 ボディ 【ブラック】 K-70 BODY BLACK 16245FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T20 レンズキットブラック X-T20LK-BPanasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T ソニー SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6000L B OLYMPUS PEN E-PL7 14-42mm EZレンズキット シルバー ミラーレス一眼 E-PL7 EZ LKIT SLV SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro & Art 30mm F1.4 DC レンズキット  

 

トラックバック(0) 

2017年1月28日 ええじゃないか。 [カメラ]

IMG_0211.JPG
iPhone 6S plus
 
相変わらずであるが、些か日を置いた話題だ。
数日前富士フイルムの新型カメラのお披露目会に出向いた。
 
大政奉還をテーマ(?)に京都で行ったそれの東京編である。いよいよ江戸城無血開城かと思ったら特にことわりは無かった。で、当たり前だけど主役は徳川慶喜じゃなくて"ついに""いよいよ""やっと"のFUJIFILM GFX 50Sだ。社名が富士写真フイルムだった頃GX680やGX645に向けたデジタルバックの失意の断念から幾年月、きっと王政復古は社内のコトだろうと邪推してしまったのは内緒だ。
 
富士フイルムは、失われた一眼レフの伝統に変えて機械的難易度と制約から解き放たれるミラーレスカメラの、自由と利点で中判"プロフェッショナル"カメラを作った。全く新しいシステムのこのカメラはフォーカルプレーンシャッター以外メカニカルな駆動機構は無く、結果、小型で軽量で静かで多機能だ。GFX 50Sは、ミラーショックによる画質劣化を排除したとの比較画像を示したプレゼンテーションにプロフェッショナルフォトグラファーは深く頷くのである。この先に予定されている110mmレンズの、中判なのにの、F2の開放値のピント精度への疑念を問うと、ミラーレスだからと返された。ああっなるほどねである、ファインダーに見える像はつまり写し撮られる画像そのものだ、そういえばこの中判カメラはミラーレスカメラだったと我に返るのである。
 
ちなみに真上から見るとなんとなく寸足らずなPENTAX 645D/Zを思わせる背面へせり出したデザインは、フォーカルプレーンシャッターユニットとグリップ部に入らなかったバッテリーの収納位置に拠るのだと、デザートのケーキとシュークリームを食べながらの雑談で聞いた。なるほどねである。ついでに、取り外しが容易いストラップの取付けはハッセルブラッドのそれで、マルチアスペクトの一つ65:24はかつてのTX-1/2の復刻なのであると。
 
エレクトロニクスとソフトウエアで構築されるミラーレスカメラだから基本的にGFXもX-T2もX-Pro2もX-T20そしてX100Fも、ナカミは一緒だ。つまり先日のテストで魅入られたX-T2を「竹」とすると「松」なX-T2がGFXで、「梅」のX-T2がX-T20なのだ。身分制度は廃止だ、中判"維新"だからね。ただ結局庶民の我が身には梅すら高嶺の花、ええじゃないかと踊るのがせいぜいである。
 
FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T20 レンズキットブラック X-T20LK-BFUJIFILM スマートフォン用プリンター “スマホdeチェキFUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-BFUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-SFUJIFILM 中判ミラーレス一眼 ボディ GFX 50SPENTAX 中判デジタル一眼レフカメラ 645Zボディ 約5140万画素 新型CMOSセンサー 645Z 16602

 

トラックバック(1) 

2016年12月23日 メード・イン・ジャパン [カメラ]

銀座パノ2-50.jpg銀座パノ1-50.jpgクリスマス前の銀座である。
相変わらず、少し前、のだけど。

で、ウインドウディスプレイやイルミネーションが華やかに、クリスマスを盛り上げているので写真を撮りながら歩いた。

銀ブラが、珈琲を楽しむことなのかブラつくことなのかは兎も角、散歩が楽しい街だと認識しているのである。まあ、それは建ち並ぶ高級店に縁がないことへの言い訳も少し、有る。

父や母の世代が口にしていた舶来品という言葉は、高級品と同義語だった。銀座はそれを体現している。気が付くと軒を連ねるのは外国の老舗高級ブランド店ばかりだ。つまりクリスマスが華やかなのも、それは理にかなっているのと納得させられるのでもある。

木村屋がアンパンでいまだ銀座の中心で暖簾を守っていることに安堵しつつも、「日本製」という意味や理由が希薄になっていることを銀座は現している。

”銀座”のニコン内のNPSへ、日本製のD800のLPFクリーニングと、日本製の24-70mmズームのピント点検を依頼した。はたしてズームレンズの長焦点側のズレ調整ということで3時間と計2,592円を要したのである。

経年変化だったとしても、ピントのズレという状態はカメラやレンズがその本来の性能を維持できていないということだ。もし購入時からだったとしたら品質の不備だ。

「日本製」という意味にかつての期待を持ってはいけない、とやはり銀座は教えてくれるのである。



銀座木村屋あんパン物語 (平凡社新書)
昭和レトロシリーズ 携帯ストラップ 木村屋桜あんぱん
Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック D5600LKBK Nikon デジタル一眼レフカメラ D750 Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200 18-140VR レンズキット D7200LK18-140 Nikon デジタル一眼レフカメラ D810

トラックバック(0) 

2016年10月24日 デジタルフィルム。 [カメラ]

FUJI_X-T2_Acros.jpgpray4kyushu.jpg
FUJIFILM X-T2 XF10-24mm

富士フイルムの新しいデジタル一眼なところのX-T2である。
テストでしばらく使用していたのである。

悪口から述べよう。見た目の通り、エルゴノミクスに背を向けたような、軍艦部のダイヤルや絞りリング、さらに背面操作部の配置による操作性は最悪だ。デジタルカメラの撮影とフィルムカメラのそれでは必要なインターフェイスが異なるのである。そもそもネオレトロデザインとしてもかつてのフィルムカメラの軍艦部にはこんなに無意味にダイヤルは並んでいない。

ただこの不満が、例の渾身の中判カメラGFX 50Sでは全て解決策が用意されているのは少し朗報なのかもしれない。

X-T2はXF 10-24mm F4 R OISズームとアポダイゼーションフィルター付きのXF 56mm F1.2 R APDという些か極端な組み合わせで試用した。画像処理エンジンの傾向もあるのか少し画がカタイ。それは写真も動画も同様にやっぱり少しカタイ。動画は弄るならF-Log外部収録を用意しているから、ということなのかもしれない。

ワイドズームは勿論、ボケを売りにしたAPDフィルター付き56mmもカタイ。だからF1.2開放からバリバリシャープだ。開放ではさすがに僅かなフレアが出るのだけど構わずシャープに写るのはきっと良いレンズなのだろうと思う。暮れかける柔らかい自然光でのFULL HD動画のバストショットでF2くらいの画ははっとするくらい美しかった、人物の立体感と背景のボケがとても見事なのである。ただ同条件で4Kは残念な描写だ、勿論解像度は高い、しかし発色も含めペタッと平坦な写りになってしまう。それは例えば絞りを開放にすると更に差が広がる、つまりFULL HDの方が少なくとも人物描写は美しいと感じる、それは10-24mmズームに替えても同じだ。

カタログに4Kと同じ100Mbpsのビットレートが記載されるX-T2のFULLHDは高品質だ。メーカーの思惑通りフィルムシミュレーションを活かして撮影すれば最小限のポストプロダクション処理で作品が作れる。
 
フィルムシミュレーションはこの富士フイルムのデジタルカメラの根幹だ。なにしろフツーに撮るのはそれはつまりPROVIAモードなのであり、彩度を上げたかったらVelviaでソフトにするにはASTIA とこのカメラは実はフィルムカメラなのである。カタイのはリバーサルフィルムや紙焼きをシミュレートしているせいかもしれないと考えると納得してしまう。
 
フィルム開発者たちが関わったフィルムシミュレーション、おすすめはACROSモードだ。粒状感のグレインエフェクトを合わせて美しいモノクロが撮れる。当たり前だけどミラーレスだからファインダーもモノクロ、覗いているだけでこのカメラは楽しいのである。写真も動画も楽しいのである。
 
ただニヤニヤしてしまって益々怪しいカメラマンに見られないように注意が必要な事も忘れてはいけない。 
 
 
 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-BFUJIFILM 富士フィルム ミニチュアカメラコレクション [1.X-T1+XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS](単品)FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T10 レンズキット シルバー X-T10LK-SFUJIFILM フジノンズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WRFUJIFILM XFレンズ FUJINON XF35mm F1.4 R 単焦点 標準 F XF35MMF1.4 R







トラックバック(0) 

2016年9月6日 プレ・シャッターレリーズ。 [カメラ]

takeaphoto.jpgpray4kyushu.jpg
Nikon D600 AF-S50mm

先日ニコンカレッジの折、ある疑問を呈された。

念の為、私が講師だとアピールをしておこう。ちなみに次週は実習講座も控えており、11月の講座の申込受付も始まっているようである、ぜひおいで下さいとこれは宣伝だ。

で、質問者曰く、撮影せんとするその瞬間にやれWBだの露出だの画質だのと慌ただしくカメラの設定をしないで取り敢えずRAWで撮るだけ撮って、後からコンピューター上で調整するので良いのか、というものだ。

講義開始前の空き時間での質問であり、講座内容とは異なることもあって不十分な解答になってしまったことが少し心残りなのであるが、その場では正しくWBを設定し正しい露出で撮影してRAWデーターをコンピューターで現像するのがベストだと答えた。
 
それはつまり、デジタルカメラでjpeg記録で撮影するということは、カメラ内部でセンサーが出力したRAWデーターをメーカーのレシピで現像し、そこから諧調と色を間引いて、不可逆的圧縮して汎用ファイルとして記録するのであり、WBやピクチャーコントロール、ピクチャースタイル等のセレクトは現像のパラメータなのだという理解が必要だ。よーするに、適正露出で最良の情報を記録したRAWデーターを正確なWB等のパラメータでコンピューターで自由に現像した方が断然イイ写真、ってことである。
 
アマチュアフォトグラファーの写真関連のBBSにしばしばみられるjpeg撮影賛美とRAWデーター失敗救済手段説はとんでもない思い違いなのだよと、ついでに小言も言っておこう。
 
と、長い前置きでの今日の本題はそんな肝心要の露出計が壊れたという愚痴である。愛用の”古の”ミノルタフラッシュメーターが唐突に正しく側光できなくなったのである。そして悲しいことに、ご近所なのを安堵した事業を引き継だケンコーのサービスからは部品払底の為修理不可能と返却されてしまった。

よもやの事態に戸棚の奥から更に古い”ミノルタ”を取り出して事は凌いだ。ただ感度表記がASAのその露出計の寿命は不安だ。とはいえ今更の露出計の新調も悩ましく、たかが露出計されど露出計、ヒマなフリーランスフォトグラファーは躊躇うのであった。


【国内正規代理店品】X-rite エックスライト カラーチェッカー ColorChecker Passport カラーチェッカー・パスポート KHG3421-PP-Nデータカラー(Datacolor) DC SCK100 Spyder CheckrSEKONIC 露出計 スタジオデラックスIII L-398A JG10SEKONIC 露出計 デジタルマスター L-758D JH30Kenko フラッシュメーター KFM-2200 入射式/反射式露出計 KFM-2200Kenko ライティング機材 オートデジメーター 入射光式露出計 KFM-1100
SEKONIC 露出計 ライトマスタープロ L-478D アクセサリーキット JR30

トラックバック(0) 
メッセージを送る