So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年6月9日 以心伝心。 [カメラ]

atthepark.jpgpray4kyushu.jpg
Nikon D800 AF-S 24-70mm

既出ではあるが、カメラメーカー主催の所謂写真教室の講師を務めさせて頂いているのである。
 
写真は楽しいぞ教の布教活動の一環だ、ちなみに雑誌にポートレートの構図だの焦点距離だのなんて特集を寄稿したりもしているのも、同様に写真は楽しいぞ信者の増加を謀ってである。

で、あえて唐突に今日この話題なのは、容易に推察できる通り明日講座が有るからで、その見え透いたネタ振りはまさに”汗顔の至り”なのであります。と流行りの金言も皮肉を込めて無理やり使って白状しておこう。

ニコンカレッジにおいて「一眼レフ動画撮影入門編」とやや上級向け「実技編」の2種類の講義を行っている。是非ニコンカレッジWebサイトあるいはパンフレットをご確認の上お申し込み下さい、と抜け目なく宣伝は忘れてはいけない。

未だにネット上では"カメラ"の動画機能への拒絶反応や動画撮らない宣言が声高に主張しているのである。純粋な「写真」への帰依かと理解しつつも、その多くは溢れる情報に惑わされたカタチに凝り固まっている故ではと危惧するのである。そもそもデジタルとなったスチルカメラ、しかもライブビュー可能な機種であれば動画撮影は当然の仕組みである。極論してしまえばライブビューの映像信号を音声と共に動画ファイルとして記録しているだけだ。要は所謂ビデオカメラと基本的なカラクリは同じなのである、つまり特別な機能でもなければ異端な事でも無い、とこれは入門編講座でも"訴えて"いる。
 
AEやAFと同じカメラの進化での付帯機能をわざわざ否定する意味は無く、モノクロやカラーを選ぶように"動く写真"も表現方法の選択肢の一つとできる自由を享受しよう、である。
 
上手く撮るとは上手く気持ちを伝える事と同じだ。それはカタチ通りに名所に我先に集まって三脚を広げ超高感度で高速連写することとは同義では無い。気持ちを伝える以前に行為そのものやハードウェアに偏りがちな今の写真は少し楽しくない。
 
さて明日は「動画入門編」講座、伝わる写真の撮り方の思いが伝わり写真は楽しいぞ教への多くの帰依を期待だ。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D5 (CF-Type)Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディショット ガン マイクセット 28cm ウインドスクリーン ホルダー 2種汎用 ガンマイク 用 ウィンドスクリーン 125mmATOMOS NINJA ASSASSIN モニター一体型ポータブルレコーダー ATOMNJASS1ATOMOS アトモス Ninja 2 (New Bundle) モニター一体型ポータブルレコーダー ATOMNJA003ATOMOS アトモス Ninja Blade モニター一体型ポータブルレコーダー ATOMNJB001







トラックバック(0) 

2016年6月1日 写真の日。 [カメラ]

videoman.jpgpray4kyushu.jpg
Nikon D800 AF-S 24-70mm


今日ロクガツツイタチは「写真の日」、でも、ある。
電波の日や気象記念日だけでなく今日は写真の日なのだと、一応写真関係者として声を大にしておきたい。

とは言え、日本人初の写真撮影上野彦馬による島津斉彬の写真だとする、そもそも曖昧な事象で年号も日付も不正確な由来が、他の「日」に比べ些か引け目を負ってしまうのである。ただ、一度決めたからと、その誤りの発覚後も居直って今日まで来ている奔放さは、嫌いじゃあ無い。

写真は記録だったりプロパガンダだったり芸術だったり自己表現だったり趣味だったり仕事だったり自由自在だ。だからプロフェッショナル・フォトグラファーを名乗るのにライセンスは要らない、つまり教則は無いのである。例えば広告写真で、メーカーによってカステラの厚みが規定されていたり、トマトスライスがミリ単位だったり、腕時計の針の位置や、クルマのフロントとサイドの比率なんかの決まり事は特殊な事情だ。

人としての常識やマナーといった原則の上で写真は自由に楽しむものだ。運を除けば被写体を見つけるのはセンスだ、撮影するのはスキルだ、そこに悩んで自在に応用するのが写真の面白さだと思うのである。

ニュースで報じられてしまう嘆かわしい行為のカメラマン氏に問いたい。氾濫する情報に安易に型を嵌めてわざわざ自由な楽しさを放棄しているのではと。ネットで喧しい助言者たちに問いたい。その高速連写も、その超高感度も、その三脚も、そのレンズも、その構図も、その撮影場所も、そしてその被写体も不要な思い込みなのではと。

デジタルとWebで下岡蓮杖や上野彦馬よりずっと自由に振舞えるはずの写真文化が、、今、少し危機だと写真の日に思うのであった。



下岡蓮杖写真集レンズが撮らえた幕末の写真師 上野彦馬の世界上野彦馬歴史写真集成日本の写真家〈1〉上野彦馬と幕末の写真家たち限定 レア ピンバッジ ニコンMカメラ写真一眼レフ撮影 ピンズ フランスペンタックス PENTAX 一眼レフカメラ ミニチュア コレ全6種 全6種 1 K-5 +smc PENTAX-DA18-55mmF3 5-5 6AL下岡蓮杖: 日本写真の開拓者 (Shimooka Renjo: A Pioneer of Japanese Photography)
タイムスリップグリコ第2弾 フィギュアコレクション ニコンF シルバー


トラックバック(0) 

2016年4月27日 決定的瞬間。 [カメラ]

runningfreshman.jpgpray4kyushu.jpg
Nikon D600 AF-S70-200mm


フレッシュマン走る、の図である。
4月だから、なのである。

4月だからという話題を今更書いている体たらくぶりに弁解の余地も無いことは自覚していると、予めお詫びだ。

ともあれ4月といえば、初々しく走るフレッシュマンのスナップショットであろうと、実に単純にステレオタイプに発想したのである。そしてフレッシュマン=新社会人ならば丸の内とこれも単純な三段論法で出掛けて撮った写真だ。

その昔まだPENTAX 6x7にRDPがメイン機材だった頃デパートのフレッシャーズスーツのロケを、やっぱり丸の内でしたことがある。勿論この時はモデルを使って演出しての撮影だ。人の少ない日曜日の早朝に地下鉄の出口の階段を駆け上がってくるシーンを撮影した。ちなみに狙いはヒトをブラして勢いや元気を写すこと、新人らしくね、なのだけどデジタルカメラの今と違ってフィルムを現像するまでブレ具合が解らないのである。つまりいくども何度も、リアリティも欲しいから、階段を全力で駆け上がることを高いところから涼しい顔でモデルに強いた”悪行”はあくまで有耶無耶な遠い記憶だ。

そんな「丸の内」で、今度は横断歩道を「新社会人」が「スーツ」で「勢い良く」「走る」という月並みな公式をアンリ・カルティエ=ブレッソンの「パリ・サンラザール駅裏」をはじめとする写真集「決定的瞬間」のようにスナップしようと、企んだのである。ブレッソンが「決定的瞬間」で見せたのは構図概念と瞬間の凍結という美意識だ、起こりうる日常の瞬間が美しい構図で表現されている。つまり信号が青に変わり「新社会人」が先頭切って「走って」くるだろう瞬間を横断歩道の白線を絡めて俯瞰からシンプルに撮ろうと狙った。

「新社会人」かどうかは兎も角「スーツ」のヒトが「走る」瞬間が撮れたのは1時間半後だった。想っているものが思ったようになかなか撮れないのが写真の面白さでもある。ブレッソンもサンラザール駅の工事中の水溜りを前日から下見をし早朝から粘ってあの写真を撮ったのだと聞く。何事も決定的瞬間は、つまり、そう都合よく不意におとずれたりしないのである。


アンリ・カルティエ=ブレッソン (「知の再発見」双書)アンリ・カルティエ=ブレッソン近作集―決定的瞬間・その後 (1966年)
アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成
マグナム・フォト (ポケットフォト)
MAGNUM PHOTOS 世界を変える写真家たち [DVD]
マグナム・マグナム コンパクトバージョン(完全日本語版)




トラックバック(0) 

2016年3月18日 進み行く未来と守るべき遺物。 [カメラ]

ginza_walk.jpg
Nikon D800 AF-S50mm

写真展の話だ。
最近、対象的な2つの写真展を観た。

ひとつは、「ANNIE LIEBOVITZ」の『WOMEN:New Portraits』、そして『Phillippe Salaün Collection』である。

あの「アニー・リーボヴィッツ」の新作肖像写真世界巡回展と言うことでニッポンの会場のTOLOT/heuristic SHINONOMEに出掛けたのだった。だったと言うのは、つまり少し日を経た過去形で会期は既に終了している、念の為。
 
会場名からステレオタイプにイメージするこういう場所に居そうな”若い”女性が、実際その日の観客のほぼ全てだったと記憶している。工場跡をリノベーションしたのだろうがらんとした会場の中央に、積み重なった液晶ディスプレイの裏側と、その脇にこじんまりと写真が貼られた壁が入り口からの眺めだ。要するに写真展らしくない。8x10くらいとかA4くらいとかの大きさもフィニッシュもバラバラな、例えば"あの"オノ・ヨーコの写真なんかがテキトーにピンナップしてあり、その延長に今回の新作が、こちらはB4くらいで縦横4x8枚くらいに整列してやはりピンで貼られている。そして、並べられたパイプ椅子を囲んで40インチくらいのディスプレイを数台重ねた疑似大画面が3方向に、それとテーブルに置かれた写真集という展示だ。
 
壁にピンナップの展示演出は、しかし、保護に重ねられた透明なプラスチック板のつなぎ目が写真の真ん中だったり、写真の位置もバラバラな為、老眼のこんな場所に不似合いかもしれないオッサンには酷く見難い。加えて、驚くほど大量の写真を単純なスライドショーで映すディスプレイを重ねた疑似大画面の、個々の画面の枠による太い分割線や発色差が気に障るのは、件の彼女等には恐らく可能なこの場の世界観に浸れないオッサンの限界かもしれない。なにしろ”TOLOT/heuristic SHINONOME”が未だに飲み込めてないのだから。
 
そして、「フィッリプ・サルーン コレクション」。こちらはリコーイメージングスクエア銀座A.W.Pギャラリーでプリンターであるフィリップ・サルーンの美しいモノクロ銀塩プリントの展示だ。例えばロベール・ドアノーの、あの『パリ市庁舎前のキス』のネガからのノートリのプリントが見られるのである。こちらは会期中である。

昭和な純喫茶を思わせる内装のここは事実エスプレッソマシーンの珈琲を飲みながら写真が楽しめる異色なギャラリーだ。その壁に丁寧に紙焼きされてマット紙とともに額装された写真が並んでいるのである。因みに此処でも3人ほどいた他の観客は女性で、銀座で昭和で純喫茶のイメージ通りと思ったのはあくまで個人の感想だ。

写真は、アノ面倒くさい暗室作業から開放され、しかもネットワークで同時に共有できる進化を遂げた。インターネットの検索窓に打ち込みさえすれば遠い銀河の写真もニエプスの写真も居ながらにして見ることが出来る。それでも写真展に足を運ぶのは、銀塩プロセスでもデジタルであっても”写真”の質感を求めているからと頷きつつ途中階からの中国人団体に囲まれてエレベーターを降った。


A Photographer's Life: 1990-2005
Annie Leibovitz at Work
アメリカの神々―アニー・リーボビッツ写真集
限定マット額装品!/アニー・リーボヴィッツ/ケイトモス & ジョニー・デップ 1994年
ポスター アニー リーボヴィッツ The Blues Brothers 1979年 額装品 アルミ製ベーシックフレーム(ホワイト)
パリ・ドアノー―ロベール・ドアノー写真集
パリ―ロベール・ドアノー写真集
ロベール・ドアノー (アイコン・シリーズ)
Re´trospective









トラックバック(0) 

2016年2月27日 カメラショー詣で。 [カメラ]

cp+2016.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

CP+2016である。
恒例のカメラショーに、今年も行った。

相変わらずの似非日記だが、行ったのは昨日のことである。混雑を少しでも回避と目論んで、プータローもといフリーランス・フォトグラファーを利して平日の昼日向に出かけたのである。

相変わらず横浜で開催されることを訝しみつつも、まるで江戸の頃の大山詣でなのだなと勝手に納得するのである。年に一度カメラマニアの善男善女は横浜を目指す、なるほどである。とは言え会場であるパシフィコ横浜に到着後別棟のキヤノンのプロ向けラウンジに直行し珈琲とお菓子で一息入れてしまったのは、きっと信心が少し足りないのであろう。

はたしてメイン会場は善男善女で賑わっていた。つまりそれなりに混んでいるのである、平日の昼日向に。例年に無くこのショーに合わせて発表された多くの新型カメラの所謂タッチ&トライコーナーは長蛇の列であった。その行列の最後尾に我が身を置く気力もなくタッチもトライも無くルックのみなのはやはり信心が足りない性である。遠くから横目で眺めつつの”カメラ”詣であった。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D500 ボディNikon デジタル一眼レフカメラ D5 (CF-Type)Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II ボディ EOS-1DXMK2Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80DPENTAX デジタル一眼レフ K-1 ボディ 5軸5段手ぶれ補正 ローパスセレクター フルサイズフォーマット 19570

トラックバック(0) 

2015年11月24日 御礼。 [カメラ]

HL_photoex.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

少し時間を置いてしまったが、今日は御礼である。

写真展に多くのご来場をいただき有難うございました。

僅か8時間の写真展であった、日曜日限りの大学の催しの出展だからである。恐らく日本一短い写真展だったかもしれない。きっと間違いない、だってプリントにすらそれよりずっと時間を要しているのだから。

Human Libraryという催しと、その本になる人に魅力を感じて写真を撮らせていただいた。被写体になってくれた人たちは魅力に溢れていた、イイ写真を撮らせて貰った。

嬉しそうに自分の写真と共に自撮りしている様子を見るとフォトグラファー冥利に尽きるのである。また来場された方々にお褒めの言葉をいただき、これもまた嬉しい限りである。この歳になっても褒められると素直に喜ぶ性格である。

撮影の機会を与えてくれた、Human Library主催の明治大学 横田教授とテンパりながら準備に奔走した学生たちにも、唐突にポスターフライヤーの制作に巻き込まれたデザイナーにも、もちろんカメラの前に立ってくれた人たちにも、御礼申し上げたい。

ただ、ある程度の会期でより多くの人に写真を見て貰いたかったと思うのも写真家の本音だ。

タグ:写真展
トラックバック(0) 

ヒューマンライブラリー。 [カメラ]

HUMANLIBRARY.jpg
Nikon D800 Micro 60mm

今日は告知である。

来る11月22日(日)11:00~17:00 明治大学 中野キャンパス にて
Human Library」が開催されるのである。

Human Libraryとは2000年にデンマークで始まり世界70カ国で開催されている、障がいや何らかの事情をお持ちの社会的マイノリティと称される方を本になぞらえ来場者は読書するように対話を楽しむという催しである。

その会場に、私の撮った”本の人”のポートレートを26点ほど展示しているのである。

humanlib2.jpg      humanlib1.jpg
Nikon D800 PC-E85mm             Nikon D800 Micro 60mm

撮影中の会話ですら本の人の持つ特別な経験からの言葉に心酔してしまうのであった。
撮影は細部までシャープに写るように、そしておよそ90X60cmの大きめの銀塩モノクロ写真風に仕上げた。

本の人には申し訳ないが仕事では当然の肌のダメージへのレタッチもしていない。ありのままを是非目を近づけてみて欲しいと考えている。

生きている本の読書、お勧めです。そして写真も御覧ください。

Human Library 2015,11,22 11:00~17:00 明治大学 中野キャンパス (JR/メトロ 中野駅 北口下車)

タグ:写真展
トラックバック(0) 

2015年10月26日 ティザー広告。 [カメラ]

istDp.jpg
PENTAX Ist D FA35mm

PENTAXの新型カメラのことである。
リコーイメージングが随分前から開発中としていた所謂フルサイズDSLRが唐突にショー会場に姿を表したのであるから大騒ぎである。
 
それ以外は全て休止してフルサイズ機の開発に全力を注いでいるそうである、つまりリコーイメージングの社運をかけた新機種が、事もあろうにPhotoPlus Expoという些かローカルな小規模な展示会にポロっと出てきちゃったんで、そりゃもう大騒ぎなわけである。
 
もう随分昔、ペンタックスは最初のDSLRとして新世代フィルムカメラMZ-Sのバリエーションとしてフルサイズ機を開発していた。今日は赤が上手く出ましたとか、やり始めて初めてデジタルカメラの難しさが解ったとか経過の話をよく聞いたのが懐かしい。センサーメーカーのフィリップスがなかなか難物で結局期待の国産フルサイズデジタルカメラ一号機はお蔵入りになってしまった。食事でもしながらと開発の少し偉い人が、社長専用車だったという黒塗のセドリックで迎えに来てくれて、お蔵入りのいきさつを説明してくれた。
 
ひどく落胆した、とは言え同じセンサーを載せて強行発売した京セラコンタックスの終焉を見た時ペンタックスの賢明な判断に安堵したのはファンだからだ。そして時間を経て誕生した待望のペンタックスDSLR一号機はセンサー"だけ"APS-Cしかも高級なローパスフィルターという贅沢なカメラだった。久しぶりに当時のテスト画像を開いてみたら綺麗なヒストグラムに今更ながら驚くのは贔屓目だけでは無い。
 
満を持して、焦らし続けて、正に今更ローンチする、ファン積年の待望久しい渾身の新型カメラの何とも小規模なショーで無造作な初公開は、恐らく現地法人の勇み足なのだろう。ただ、実質的な発売延期を示唆する、変化しない謎のティザーサイトより遥かに心躍るティザー広告に見えるのはファンの本音だ。或いは、そこまで狙った入念に計算されたリコーイメージングの話題作りに乗せられたのだろうか。


RICOH デジタル一眼レフ PENTAX K-50 DAL18-55mmWR・DAL50-200mmWRダブルズームキット ブラック K-50 WZOOM KIT BLACK 10907
PENTAX デジタル一眼レフ PENTAX K-S2 18-50REキット (ブラック×オレンジ) K-S2 18-50REKIT (BLACK×ORANGE) 13209
PENTAX デジタル一眼レフ K-3II ボディ GPS内蔵 ローパスセレクタ 最高約8.3コマ/秒 16162
PENTAX 中判デジタル一眼レフカメラ 645Zボディ 約5140万画素 新型CMOSセンサー 645Z 16602
PENTAX 中判デジタル一眼レフカメラ 645Dボディ 約4000万画素 大型CCDセンサー 645D 17974





トラックバック(0) 

2015年10月21日 バック・トゥ・ザ・フューチャー [カメラ]

backtoF.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

2015年10月21日である。
つまり、ドクとマーティがタイムマシンに乗ってやって来た未来が今日ということである。ヒルバレーから遠く離れた東京でも一般ニュースでそれを伝えている。

因みに1000年後の未来からやって来たスーパージェッターの乗るタイムマシンの流星号に比肩するエメット・ブラウンがタイムマシンに改造する愛車のデロリアンDMC-12は、本来PRVのV6 2.8Lエンジン搭載である。つまり我C5とは血筋の繋がったほかならぬ間柄であるのだ。

レプリカのデロリアンタイムマシンを映画に描かれた到着時間に合わせて走らせる等盛り上がっている。とは言え、見捨てられた宇宙飛行士がジャミラに姿を変え復讐心で戻った地球で、ウルトラマンのウルトラ水流に命を落とした未来のある日はドクとマーティが飛び越えた今から22年前だったが、今日のような盛り上がりはなかったのが日本人としては些か複雑である。

映画の中の未来の今日と現実の今日の整合性は、タイムマシンに乗らず時間に乗ってやって来た我身からするとあまり感じないのである。つまり映画の中の今日はやっぱり未来のままなのである。

とは言え、ドクとマーティが出発した少し前に発売されたNikon F3への当時のカメラライター達のクレームを思い出すと明確な未来を実感する。

当時のカメラライターは、F3の採用した液晶表示に対し否定論で満ちていたのである。曰く、寿命の短い液晶など長く使う高価なプロ向け機種に採用など何たることかというのである。2〜3年で液晶がみえなくなったらどうしてくれると盛んに雑誌に書いてあった。

300万画素こそ正義だ、600万画素がベストバランスだ、1200万画素で十分だ、低画素機のほうが画質がいイイ等と度毎に常に語られるカメラの世界は、解りやすく未来を迎えている。


1/24 ムービーメカシリーズNo.08 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン パートIMATTEL HOTWHEELS  retro entertainment バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX [Blu-ray]バック・トゥ・ザ・フューチャー完全大図鑑 (SPACE SHOWER BOOKs)
バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン 次元転移装置 Flux Capacitor USB Car Charger 車載充電器 iPhone, iPad, Androido対応(並行輸入品)CRAZY CASE BACK TO THE FUTURE II DELOREAN TIME MACHINE(クレイジーケース デロリアン)【iPhone6対応】






トラックバック(0) 

2015年8月26日 対処療法。 [カメラ]

D6000dust.jpg
Nikon D600 AF-S24-70mm

件のニコンD600の事である。
そして解り難いが、D600で撮った真夏の抜けるような青空の写真を上にあげた。ただ、絞って撮影し彩度を落としコントラスト等を上げたと注釈付きだ。

Nikon D600は発売後まもなくして購入した。 それは気に入ったからだ。小型軽量で画質も良好で、D800等に比べ酷く劣る操作性を我慢すれば、それはもう良いカメラだ。およそ3年を経た今でもその印象は何も変わらない。

ニコンD600といえば例の黒点騒ぎだ。些か尋常ならざる数の黒点が写り込むという現象である。そしてそれは我お気に入りの愛機も例外では無いのであったが、サービスの窓口、この場合銀座のNPSの窓口となるそこに出向くのがなんとも面倒なのである。そこで絞らないで撮るという単純にして実に効果的な対処法の実践を心がけてきたのである。

何かのついでが有れば、勿論、サービスの窓口で清掃を依頼はしてきた、すると先月末NPS窓口で修理入院を告げられたのである。別件での検査入院などを経ていつの間にか底部の三脚穴に黒丸が付き、既に済んだものと思っていたシャッターユニット交換だという。ちなみに入院時の代替貸出機にすらD600は無い、なんとも訝しいのであった。

交換後暫くして、興味本位で、意地悪く絞って青空を撮ったのが上の写真だ。見事な黒点である。

そして、先日やはり銀座への所用のついでにクレームに持ち込んだのである。一時間ほどの検査の後、普通のゴミでしたと伝えられた。要するにweb上で話題のD610への交換を期待するさもしいカメラマンの機先を制したのであろう、清掃時に尾を引かなかったので油性の汚れでは無いと説明された。つまりニコンとしてはシャッター機構から飛び散る油が黒点の原因としているのだ、だからシャッターユニットを交換すれば問題は解決と言う事のようだ。

そのクレーム清掃の後、今日初めてレンズを付けて、意地悪に絞って、無地の壁を撮った。幾つかのゴミが写り込んでいる、結局Nikon D600は他のカメラに比べゴミが写り込みやすい事は何も解決していないのだ。絞らずに撮る、という対処法は変わらず必須のようである。

そして何気に確認したEXIFのシャッターカウント数が交換前の倍以上となっているのは何を意味するのか。

なんだか訝しいぞ、ニコン。


Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRNikon F-601フィルム式AFボディquartz dateデッドストックNikon デジタル一眼レフカメラ D600 ボディー D600Nikon デジタル一眼レフカメラ D610Delkin NIKON D600 用シリコンカバー SNUG iT PRONikon デジタル一眼レフカメラ D750






トラックバック(0) 
メッセージを送る