So-net無料ブログ作成
検索選択
お気に入り ブログトップ
前の10件 | -

2017年5月2日 甘い話。 [お気に入り]

kibitopancake.jpg

Nikon KeyMission 80


甘いものである。

つい、買ってしまった"甘い"モノの記録である、しかも相変わらず暫し以前のことだ。念のため注釈を加えておくと、上の写真は空き袋だ。当然食べちゃったからね。健康を正義とすると、巷では糖は常に悪だ。当然、スーパーマーケットの棚を前に罪悪感と欲求のはざまで逡巡するのである。で、闇のフォースに取り込まれていくアナキンのように、結局、甘い誘惑に負けてダークサイドに堕ちてしまうのであった。


Pascoの「きび糖のパンケーキ」は初見だ、パンケーキというより寧ろどら焼きのようであるが、”粒あん&ホイップ”とわざわざ副題があるのは若しかするとそうでは無いバリエーションが有るのかもしれない。なんにせよ粒あんと形状、更には2個入りで100円程度という罪悪感を希釈するハイコストパフォーマンスに魅かれたのは言うまでもない。


キメ細かい”パンケーキ”で挟まれた所謂アンコは小倉餡とミルクホイップクリームだ。素直にどら焼きだったり菓子パンだったりと既知の、外れの無い、つまり美味しいだろうコラボレーションである。そして「きび糖のパンケーキ・粒あん&ホイップ」は、その期待を超えて美味しかったのである。


パンケーキは、驚くほどと強調したいほど柔らかい、反して粒あんは時折豆の硬さを感じさせる家庭的な炊き方が食感を増し、後味に明確にミルク風味を主張するクリームの組み合わせが見事である。さらに量販菓子にありがちな角の立った甘味とは一線を画す味わいに満足感は大きい。


敢えて苦言を呈するならば、その後スーパーマーケットの棚上に見つけられない事だ。つまりお代わりが入手できない。それは、きっと光のフォースが暗黒面への誘惑を阻止しているのだと、そう理解しつつも、少し不満だ。




食品サンプル 和菓子 どら焼き どらやき ドラヤキ スイーツ 見本 ドラえもん どら焼き大好き BIGぬいぐるみ 田中屋商店 どら焼き ネックストラップ付 首かけがま口財布 3.3寸 猫用ペットハウス マカロン(小型サイズ) どら焼き 犬 夏冬OK 可愛い ふわふわ ベッド

トラックバック(0) 

2017年1月11日 鏡開き。 [お気に入り]

kagamibiraki.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

今日は鏡開きである。
念の為、東京在住だから、と付け加えておこう。正月飾りも7日にはずした、東京だからね。

コチコチになった鏡餅を木槌で割って、それは遠い思い出だ。現実目前に有るのはスーパーマーケットで買った、それもひどく安価な、鏡餅風プラスチック容器に充填された”それ”である。昨年も同じもので、その食べにくさと不味さに辟易としながらも再び購入してしまうのは、まあ様々な理由だ。

お汁粉を用意した。とは言えいつもの様に茹で小豆缶詰の水増し汁粉だセール時に買い置きの井村屋の480g缶のゆであずきを鍋にあけ多めの水を加えた、つまり今日は東京風のお汁粉である。

余談であるが、アンコ好きとして、スーパーマーケットやコンビニエンスストアにおける”井村屋”のご贔屓筋を自認している。ただ、数個入りで袋売される中華まんにおいて「あんまん」は常に他の〇〇まんとのバーター扱いであることが悲しい現実だ。いつの日か一枚看板を張れる日が来ることを願ってやまないのである。

で、昨年は”中は固いまま外はドロドロな不味いもの”だった”鏡餅風なそれ”が、習わしに反して包丁で切ったうえ焼きに注力したことが幸いしてか”美味しくない餅”程度になってくれたのは特記事項だ。ただ硬いものを食べて歯を丈夫にして年神様に長寿を祈るという目的には程遠い。


井村屋 お気に入りしるこ3袋入り(36g 3個)×6個
井村屋 ゆであずき 特6号缶 210g
井村屋 ゆであずき 2号缶 1kg 12缶入り
井村屋(いむらや)スポーツようかんプラス(1本)
井村屋 つぶあんトッピング130g×6個
サトウの切り餅 至高の餅 新潟県魚沼産こがねもち 700g
象印 もちつき機 マイコン全自動 1升 BS-ED10-WA
タイガー 餅切り 「まる餅くん」 SMX-5401-W
NHK落語名人選100 97 柳家さん喬 「幾代餅」









トラックバック(0) 

2015年6月23日 だいじょうぶだァ。 [お気に入り]

mochiman.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

また、どら焼きである。
いただき物である。

相変わらず日を置いてのブログなのに、また、どら焼きの話題だ。

勿論前回の書き込みから、それなりに、イロイロ話題はあった。例えばキヤノンの新型機種のEOS 5Dsや5DsRをちょっと弄った印象などを記すれば、それはまあフォトグラファーらしいのではあるが、(今やすっかりニコンの操作に馴染んでしまったせいか)良く出来たカメラだったけど、実のところあまり響くものがなくネタとしての印象が希薄なのであった。

因みに、マル秘と書いてあったからきっと言いふらしてはイケナイ資料かも知れないEOS 5Ds/sRと他機種の比較写真の某中判カメラの古いズームレンズの写りが、EF24-70 F2.8L IIに負けず劣らずだったのが、むしろ印象深かったのであった。

という訳で、やはり「どら焼き」である。
「だいじょうぶだァーどら焼き」と「だっふんだァーどら焼き」そして「だいじょうぶだァー饅頭」の詰め合わせをいただいた。ありがたい至福の箱詰めである。なお仔細に言えば個別包装のどら焼きに対し5個セットの饅頭は内2個は「だっふんだァー饅頭」であると同封の栞にある。

東京都”東村山市”の「和菓子処 餅萬」とある。つまり、間違いなくアレなわけだ。

『だいじょうぶだァー』は小倉餡『だっふんだァー』はうぐいす餡を意味すると説明されているのであるが、同じく栞に紹介のある「だいじょうぶだァー最中」は大納言餡であると些か整合性を欠くのである。このさい「あい~ん最中」と名乗ってもらっても既に戸惑いは感じない、と思う。

典型的などら焼きである。普通のどら焼きだ。ただ惜しむらくは皮が美味しくない。ベタつくその皮は甘すぎるのである。

特徴付けの為であろう、沖縄産黒砂糖使用 黒糖風味とあるが、「黒松」のような芳醇な薫りは無く、その皮はただ甘い。小倉餡もうぐいす餡も等しく甘く煮過ぎのせいか豆の存在が希薄なうえ、主張の強い皮がそれを覆ってしまい、折角の二種類の餡を例えば「松かさ最中」のように楽しむに至らないのが不満だ。「だいじょうぶだァー饅頭」は、その説明の通り素朴な、懐かしい饅頭らしくアンコの風味を楽しめる拵えだけに、甘さを見誤ったどら焼きの皮の主張が残念なのであった。

ただ、いつまでも口に残るどら焼きの甘さを反芻しながら、だいじょうぶだァーと呟くとなんだか肩が軽くなるのも事実だ。


[訳あり] もっちりミニどら焼きどっさり1kg!!≪常温商品≫大手饅頭伊部屋 大手まんぢゅう(20個入)【名古屋名物】青柳総本家 カエルまんじゅう(12個入り)井村屋 袋入 葛まんじゅう64g×5コ×10袋柳家小さん 落語名人集ぱーと2 風呂敷/ろくろっ首/饅頭怖い [DVD]特選!!米朝落語全集 DVD-BOX 第二期 全10枚セット名古屋コーチン卵どら焼き【10個化粧箱入り】ギフト







トラックバック(0) 

2015年3月21日 即席御馳走。 [お気に入り]

instantramen.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

インスタントラーメンである。
春分の日、と言うより休日だからと言ったこじつけである事は、今更言わずもがなである。

過日グーグルのトップにもそれがあったように、本来は安藤百福の生誕日にすべき話題ではある事は十分承知だが。

兎も角、休日の少し遅い昼食にインスタントラーメンは良く似合う、と思っている。家から一歩も出ることもなく、さしたる手間も掛からず、温かい食事が堪能できるのだからだ。当然この「堪能」が「満足」とは比例性に欠けるという指摘はこの際無視である。

カップヌードル新発売新聞15段広告は記憶にある。その時はそこそこの年齢に達していたからだ。カップヌードルという未知の言葉とフォークで食べているビジュアルから、当時何故か我家に良く有ったキャンベルの缶詰のチキンヌードルと同様なものだろうと想像しながら新聞を眺めた。それはキャンベルのチキンヌードルがあまり美味しくなかったからである。実はカップヌードルはカップに入った”好物の”インスタントラーメンであることが分かったのは暫く時間を経てからの事だった。

インスタントラーメンが好物になったのは、恐らく「小池さん」がいつも食べていたからだと思う。ただ「小池さん」がするようにお湯を注ぎフタをして待っても、チキンラーメンは少し硬くてマンガと異なる現実の厳しさを幼いなりに学ぶのであった。

ねだって母親が作ってくれるインスタントラーメンは何時も具無しの素のままだった。母としてはあくまでも「インスタントラーメン」だったのだろう、なにしろ一人暮らしの大学生が年中インスタントラーメン食で病死したとか重い病気になったとかと言った都市伝説のような話題を時折口にしていたくらいだから、きっとそれを食事として”調理”するつもりは無かったのだと思う。

ある時友達の家で出されたサッポロ一番みそラーメンに玉ねぎと豚肉が入っていた。驚くほど美味しかった。帰宅後母親に食事をご馳走になったことの報告と、そのインスタントラーメンと具材の玉ねぎと豚肉の詳細を説明しそれがいかに美味しかったかを訴えた。

結局、その後も我家では、あくまで”素の”インスタントラーメンだった。そして自分で作れる年令になっても、インスタントラーメンとして素のままで完結することが、なんとなく正論だった。

今日の昼食は日清の「北海道のラーメン屋さん」である。少しボリュームが欲しかったから白菜と刻んだ油揚げ、そして出来上がりに白ゴマを多めにふった。

邪道だ。ただ、とても美味いのは当然なのである。


【約5分でラーメンが出来上がる!ケトルタイプの一人鍋】ケトルタイプ 電気式 らーめん鍋 FD-1600 インスタントラーメン発明王 安藤百福かく語りき 日清 チキンラーメン (85g×5P)×6個 サッポロ一番 みそラーメン 5食×6個 日清 ラーメン屋さん 函館しお味 5食P×6個 日清チキンラーメン蓋付マグ

タグ:ラーメン
トラックバック(0) 

2014年12月24日 スイートクリスマス。 [お気に入り]

christmassweet.jpg
Panasonic LUMIX FX-500

クリスマス・イブである。
それは、つまり鶏肉とケーキを食することが、半ば義務化された、国民行事の夜だ。

七面鳥を鶏肉と置き換える事情は兎も角、そもそも七面鳥は感謝祭のご馳走なのではの些細な疑問は、最近巷に増えた唐揚げ専門店までが『クリスマス』への参加を主張するニッポンの食文化への懐深い寛容性の前に簡単に雲散霧消なのである。

さらには、不二家が大正時代に広めたと言われるツリーやサンタの載ったデコレーションケーキを前の晩に食べるという”規則”に忠実に、普段は甘いモノは苦手などと曰わるオトナな人達も嗜好の枠を超えて洋菓子店などに立ち寄り正しい日本文化の継承を遂行している事を確認出来るのである。

スーパーマーケットの店頭にはケーキやクリスマスカラーを奢ったオードブル、鶏肉絡みのお惣菜(?)は当然として、実は迎春用の切り餅と共にアンコ系の商品が豊富に並ぶのも甘党としては歓迎すべきクリスマスセールのもう一面だ。

母親がそうしていたように上手に小豆を煮ることは些かハードルが高い、そこで缶詰の茹で小豆である。中身を鍋に開け水と砂糖を足して煮込めば立派なお汁粉の完成である。因みに関東と関西で”汁粉”と”ぜんざい”の定義が異なるのであるが、どちらかと言えばツブの残る善哉あるいは田舎しること呼ばれる形態が好みなので茹で小豆缶のお手軽汁粉は一石二鳥なのでもある。加えて言えば箸休めは塩昆布系ではなく紫蘇の実の漬物などが好みだ。

今回は”紅あかね”というサツマイモを加えて煮込んだ。ふかし芋に最適と名前の下に書かれたステッカーが張ってあった千葉産のそれは確かに上手い具合に汁粉の中で煮崩れることなく存在感を保ってくれた。

そして餅である。軽く焼いた餅に汁粉を掛ける、当然である。若しくは汁粉の中で餅を煮るのも悪くない。

しかし最良は”すいとん”である。もっともその呼称が正確かどうかは解らない、両親がそう呼んでいたのを継承した。要するに小麦粉を練った団子風なモノである。ここで重要なのは水を加え玉にならない程度に練ったら適宜な分量を「整形せずに」汁粉に投入し煮込むことに有る。つまり凸凹の表面に甘みと小豆などを巻き込みながら固まり行く”すいとん”が、その歯ごたえとともに美味しいのだ。

恐らく今ほど切り餅の入手性が良くなかった頃に代用として汁粉に入れたのだろうが、甘党だった父はこちらを好んだらしく、間違いなく他所より高頻度で食卓に並ぶ我家のお汁粉にはいつも”すいとん”が入っていたのを記憶している。

その目的はともかくクリスマス・イブのお楽しみスイーツとしてお汁粉が出来た、サンタクロースやクリスマスツリーをデコレーション出来ない規則違反なのは内緒だ。



森永製菓 おしるこ 4袋入り (19g×4P)×5個

ポリエステル製 吊旗 お汁粉
井村屋 お気に入りしるこ180g×6袋
【 アマノフーズ フリーズドライ 】 おしるこ 10食 ( 素材にこだわった 北海道産 小豆 使用 合成甘味料 不使用 )『 フリーズドライ ねぎ 5g付き 』
2.6菊割小吸椀 古代朱 5客組
栗善哉/栗ぜんざい・桜花入り汁粉/桜花入しるこ 詰合せ 栗善哉2・汁粉3入  お歳暮・お年賀に 創業安政三年 和菓子 東京 青野総本舗
アサヒ おしるこ  190g×30本
レンジで約1分 つきたてみたいなお餅に 日本製 レンジで簡単調理 もちレンジ






トラックバック(0) 

2013年12月8日 鯛の尾頭付き。 [お気に入り]

taiyaki.jpg
Nikon D600 AF-S60mm

たい焼きである。
中野の「ともえ庵」のたい焼きである。

3周年記念セールとかで四割引ほどでの販売価格につられた事は白状しておこう、魅惑の誘惑に従順なアンコ好きの性である。たい焼きを数える単位は正しくは何なのかはともかく、1匹いくらでという表現がなんとも可愛らしいチラシの誘惑だ、そう言えば開店の時も一周年だったかの時も同様な誘惑があったように記憶している。

特別なモノを使っているわけでは無いが丁寧に餡を炊き、一丁ずつ焼いてますというのがこの店の主張だ、店頭やチラシに事細かに語られているのである。最近の表現を借りれば天然モノにカテゴライズされる1匹ずつの型で焼かれるたい焼きであり、所謂東京のたい焼き御三家と呼ばれる先達と同様に香ばしい薄い皮のたい焼きである。因みに養殖モノとされる沢山並んだ型で焼き上げるたい焼きは、柔らかな皮とアンコの組み合わせで、それはそれで悪くは無いのであるが、その目的には今川焼きがより適っているとの主観的嗜好から、たい焼きにおいては天然モノがやや贔屓だ。

アンコは柔らかめだ、豆を潰し気味に練り上げた水気の多い餡である。あえて語っているように甘みの少ないアンコではあるが、確かに主張に有るように皮とのバランスは悪くない。食べ終わりにじんわりと余韻にひたれるアンコの美味しさといえる。柳屋のようなアンコの醍醐味や浪花家総本店の皮がはじけてアンコが飛び出すような力強さに対すると、ウロコのエッジの効いた端正な焼き上がりは些かアンコの量も少なめでほっそりした姿である。しかし頭から尻尾までそれなりにキッチリのアンコが詰まり、尚且つ柔らかいアンコの甘みと皮の味の比率が食べ終わりまで一定に楽しめるのである。

たい焼きとは、硬めの頭部に僅かなアンコを感じながら食べ始め腹部で圧倒的なアンコを堪能し、そして再びアンコを抑えつつ最後にパリッと尻尾のヒレ先で〆るのが最良と考えている。その観点においてクライマックス不在なこのたい焼きは若干物足りなさは否めない、とは言えじんわり静かに美味しい事は間違いない。

あと願わくばカレーやピザソース等を内包する時流に流されず、あくまで粒餡の正統たい焼きの維持に努めて頂く事を切に思うものである。

たい焼の魚拓 単行本 たいやき三昧―東京の名たいやき屋50店 パール金属  ふっ素樹脂加工 おやつらんど たい焼器 D-643 鯛焼きメーカー MCE-3206 27506 昭和冷凍食品 たい焼(小倉) 90g  冷凍 10個セット ニチレイ)たいやき 約80g×10個入

トラックバック(0) 

2013年5月28日 ほの辛い薄き幸せ。 [お気に入り]

newonion.jpg
Nikon D600 AF-S 60mm

新玉ねぎである。
つまり、薄くスライスして生食。これが美味い、ということである。

そもそもが玉ねぎは美味しい野菜である。だいたいが有形無形にせよ玉ねぎの入っていないカレーライスなど想像も出来無い、とはあくまで個人的意見ではあるが玉ねぎの旨味の力は偉大だ。因みにカレーライスのルーには人参と馬鈴薯も必須だと声を大にしておきたい。

普段の玉ねぎの難点はいきなり生食が困難な辛味だ。随分昔、学校給食が不味い食事と同義語の小学生だった頃、何かの中に青臭くて辛い球根状のモノが入っていた。学校給食なのだから玉ねぎだったのだろうが、晒し足りないのか酷く不味かった。青臭くて辛いのは小学生の口には悲劇だ。無理やり口にしながら、何故か勝手にそれはユリの球根だと想像した、不味い理由を系統付けたかったに違いないのであるが何故ユリを選択したのかは未だ解らない。結局、玉ねぎだったかノビルだったかラッキョウだったか今更知る由もないが、不味かったそれをチューリップでもクロッカスでも無くユリの球根と決めつけたせいで百合根の美味しさを知ったのは大分オトナになってからなのは内緒だ。
onion_slice.jpg
Nikon D600 AF-S 60mm

スライスした玉ねぎにはオリーブオイルと醤油がお気に入りだ。オリーブオイルに適量の醤油を乳化するまで混ぜ、それを玉ねぎに十分に混ぜ合わせて食べるのである、これが美味い。更に玉ねぎをあらかた食べ終えた所で豆腐を投入するのがマイブームでもある。水分の多い新玉ねぎで少し冷えた胃に、残った玉ねぎを薬味に豆腐がまた美味いのである。

醤油で引き立つ新玉ねぎの甘味と後味に少し残る辛味が美味しいのはオトナの味覚だ、いくらでも食べられそうである。新玉ねぎをスライスしながら気持ちはワクワクなのである。ただ、このマイブームが玉ねぎの栄養素の効果を体が欲している故かと少し不安だったりするのも不摂生なオトナの所以だ。

トラックバック(0) 

2013年3月7日 スイートメモリー。 [お気に入り]

cocoasugar.jpg
Nikon D800 AF-S 60mm

ハウス食品の「ココアシュガー」である。
ま、つまりココアの香りの砂糖である。原材料を見るとナツメグやクローブの表記もあるが、ココアの香りの砂糖以上のものでは決して無い、のではあるが、実は既に2本目も残り少ない愛用品だ。

当然砂糖であるから用途は自由だ。裏面にもヨーグルトやホットミルクなどにとある、しかしカカオトーストとレシピ(?)の表記のあるトーストが恐らく主要用途で間違いない。

レシピ(?)に曰く、食パンにバター(またはマーガリン)をぬり、お好みの分量を振り焼いて下さいとある。ただ問題は生の食パンに冷蔵庫から出したばかりのバター塗布の困難さだ、食パンの表面の滑らかさを維持しつつ均等にバターを塗布するのは左官を気取ってみても難しいのである。朝食の現実としてマーガリンを選択であるが、レシピに敢えてカッコで括られている事を鑑みバター風味と注釈のあるマーガーリンを使用する素直なアタシである。

恐らくメーカーの想定する分量よりは少なめと思われる量をふるのは、塩分だの糖分だのの摂り過ぎが致命傷になりかねないオヤジの理性である。そのせいか期待したカラメル状焼き上がりは望めないもののココアの香りの甘いトーストは美味しい。ただ、ココアの香りを楽しむのにはバターやバター風味ではない普通のマーガリンのほうがより楽しめると思うが、まあこれは好みだ。

幼い頃の記憶を辿ると、生のパンにはピーナッツクリームでトーストにはバターと砂糖だった。もっとも、過去形ではなく今持ってそれは好みである。これは結局父親の好みで、それの刷り込みである。トーストした熱々のパンにたっぷりバターを塗り更に砂糖を重ね塗りするのである。つまりシュガートーストである。こだわりなどは特段ない日常ではあるが砂糖は普通の上白糖もしくは三温糖限定だった。グラニュー糖のジャリッとする歯ごたえが苦手なのである、ジャリッと噛むとゾクッと鳥肌が立ってしまう為普通の砂糖が望ましいのだ。同じ理由でカステラの底面のザラメも苦手なこともついでに告白しておこう。

美味しそうにバターと砂糖の塗られたトーストを食べる父親は思い出だ。懐かしい思い出は「ココアシュガー」より姉妹品の「バニラシュガー」のほうが近そうなのだが、説明に自慢げに書かれるシナモンの文字に躊躇させられるのである。シナモンの香りも苦手なのは好みが幼い頃のままだからなのだろうか。

ハウス トーストシーズニング キャラメルシナモンシュガー 30g×5本 ハウス トーストシーズニング シナモンシュガー 30g×5本 ハウス トーストシーズニング カカオシュガー31g×5本

nice!(0)  トラックバック(0) 

2012年2月21日 頂きものの甘き誘惑。 [お気に入り]

matsukasa_monaka.jpg
Nikon D7000 SMC 67Takumar 75mm

モナカを頂いたのである。
甘党にしてアンコ好きを自認する身としては、この上ない至福である。

伊豆の松崎町にある梅月園の「松かさ最中」である。地元では取り敢えず間違いのないお菓子として長く親しまれている、と、断言してしまうのも実は、親の郷里ということもあってその辺りの事情には明るいのである。何しろアタシも親の地元へのご挨拶の折には御遣い物として重宝しているのだった。

レトロな外箱を開くと包装紙に包まれた、らしくない球体状の膨らみが並ぶ。まさに名は体を表すの例え通り、このモナカは、まんま”松かさ”つまり”松ぼっくり”の形状である。同封の栞によると”若松かさ”と”老松かさ”をイメージしたもので挽茶色と焦茶色の二種類と記載されているが、実際は”緑っぽい”のと”ピンクっぽい”のの二色である。確かに以前の記憶ではピンクっぽい方はもっとモナカらしい色調だったようにも思うが、まあ時代であろう。勿論、食するにあたって年齢を限定したりそれによる嗜好を勘案した二色展開では無い、と思う。

”若松かさ”とする緑っぽい方は鶯餡であり、”老松かさ”のピンクっぽい方は小豆の小倉餡である。餡の炊き方や甘みの表現は、例えば以前記した「百福百寿」の様な上品さとは異なる。こし餡に近い甘味の強いアンコである、ただ一口目の強い甘みは後味にしつこく尾を引くこともなく、食べ飽きることは無い。鶯餡と小豆餡それぞれに明確な味の変化があり、とくに固めの青豌豆が形のまま混ざる鶯餡は食感に富んでいる。例のごとく皮が上顎などにひっつく典型的なモナカであるからグラスに牛乳を満たし何色を食すべきか暫し思考するのは甘党の至福である。

伊豆の松崎といえば桜葉の産地である、因みに「長命寺の桜餅」に一個に付三枚も奢られているのは松崎特産の大島桜の葉である。当然この梅月園にもその応用はあり「さくらきんつば」など好みの一品であるが、長く支持を集める「松かさ最中」はやはりこの店の顔であろう。

ところで、久しぶりに口にした”懐かしい”「松かさ最中」の松かさが少し小ぶりに感じたのは、思い出と現実の乖離のせいだろうか。

nice!(1)  トラックバック(0) 

2011年12月20日 電気羊の夢、再び。 [お気に入り]

optimus.jpgYNWA2.jpg
Pnasonic LUMIX FX-500

ケータイ電話を替えた。
2年半ぶりの機種変更である。この日に書いたように変更前の機種はGoogle-phoneと呼ばれた日本におけるandroid初号機であった。背面にGoogleのロゴの入ったHTC製の小さな携帯電話はandroid1.5を搭載し(1.6まではアップグレードされた)当初はそれなりに未来を見せてくれたのであったが、最近は通話するだけでもフリーズしたりと些か”スマート”とは言い難い携帯電話になってしまっていたのである。

インストールされたアプリケーションがアップデートされハードウエア的に荷が重くなったのであろうと、カタカナ過多の表現で原因の推定とその擁護は出来る。ただ、本音の部分で高速通信でテザリング出来る新機種に秋波を送っていたのも事実、そしてメカ好きの男の子なんで仕方無いよねと言い訳も用意している自分は健気である。

スター・トレックのコミュニケータやウルトラ警備隊のビデオシーバーより高機能と思われる現代の”スマホ”は当然、本当は、高価な商品である。ただ通信キャリアと契約を含む特殊な商形態が故にか、商売を心配するほどお安く買えるのである。心ときめく最新機種もあれやこれやなんやかんやで驚くほど安価になることが機種変更を決断させるのであった。果たして、負担増も殆ど無く新機種を持ちショップをあとにした。

LG製のOptimus LTE L-01Dを選んだ。理由は画面の美しさである、iPhone 4SのRetinaディスプレイと同様に印刷物を超える高密度画素を特徴とするHD解像度の4.5inディスプレイは際立った美点だ。肝心の機械的性能は2年半を経た前機種ユーザーの目からすると新型はすべからく高性能であり選択基準にならない所は笑止だ、ビル・ジョイの法則の実証みたいなものである。

シンプルなラインをとすると似てしまうのだろうと贔屓目で眺めても、iPhoneコンプレックスなこの機種の前面デザインは少し残念な点である、さらに、その近似性を弱め同時に薄さを強調するためであろう側面のテーパー状の処理が、大きな躯体と相まってフォールディングしにくくなっている。見た目は美しくともインダストリアルデザインとしては不出来だと言わざるを得ない。さらに、上部中央にUSB端子を位置させる事で接続されたケーブルが本体操作時邪魔になり、そのカバーがスリープ復帰に必要な電源ボタンの押下の障害であったりと失笑を禁じ得ないデザインだと声を大にしておきたい。

勿論、美しい画面表示を核とするこの機種の情報端末としての高性能ぶりは十分に満足できる。聴覚に加え視覚が重要なスマートフォンとすれば最良の機種であろう、可能性の拡大を予見させるのである(ゴードン・ムーアやビル・ジョイは忘れて)。

前機種は購入時予備バッテリーが購入時付属した、バッテリー消費が激しいからという理由だった。そしてモバイルチャージャーがプレゼントされるこの機種は100%満充電で就寝し内蔵アラームで目覚めた5時間後にはバッテリー残が55%という驚愕の表示である。購入後3日を経たが改善の兆しは無い。つまり何もしなくても半日もバッテリーは持たないのであった、通話をしたりスマホとしての機能を使用した場合は更に厳しいことは言うまでもないのであった。

高性能化したケータイは、ポケットに入らない大柄な躯体と使用可能時間の短さで「携帯」することが難しいのだった。ケータイ電話の進化とは本末転倒と矛盾という言葉で装飾されて進んで行くのであろう。

nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | - お気に入り ブログトップ
メッセージを送る